コラム 未分類 食事

犬にいちごを与えても大丈夫?与える際の注意点とは

犬はイチゴを食べてもいいのか

甘くてジューシーないちごは、私たちにとってとても美味しく感じられる果物の一つです。いくつかの果物は犬にも適量を与えることができますが、いちごも与えて大丈夫なのでしょうか?今回は、犬といちごの関係について詳しく迫っていきます。犬にいちごを与えても良いのかという点をはじめ、ご紹介していきましょう。

犬にいちごを与えても大丈夫?

いちごは、犬に与えても大丈夫とされている果物です。成分において問題もなく、適量を食べることで犬の体を整える作用も期待できます。人間にとっても美容と健康において効果が期待できるいちごは、犬にも良い効果をもたらしてくれるのです。

どんな果物なら犬に与えて良いかわからないという人も、いちごは安心して与えることができるでしょう。

いちごから期待できる効果とは?

犬にも与えることのできるいちごからは、様々な効果が期待できます。犬の体にも嬉しいメリットがあるので、ぜひ以下を参考にいちごを与えてみてください。

ビタミンCが豊富

いちごといえば、ビタミンCが豊富な果物です。抗酸化作用に優れており、酸化ストレスに有効とされています。元気に走ることの多い犬や年齢が気になり始めたシニア犬などにも、おすすめの果物といえるのです。

ビタミンCは抗酸化作用に優れているだけでなく、コラーゲンの生成にも関わっています。ここから、皮膚や関節を健康に保つ作用も期待できるのです。

いちごには食物繊維もたっぷり

果物のなかには食物繊維を豊富に含んだものが多いですが、いちごもその一つです。なかでも、いちごに含まれている水溶性食物繊維ペクチンについては、便の状態を整えてくれます。便秘気味、お腹がすっきりしないという愛犬には、適量を与えることでお腹の調子を改善できるでしょう。食べすぎると、お腹が緩んでしまう恐れがあるため、与える量には注意してください。

アントシアニンにも注目

いちごには、アントシアニンという成分も含まれています。アントシアニンは抗酸化作用に優れており、犬の目の健康に役立てることが可能です。加齢や遺伝などにより、目のトラブルが起きることもあります。そのようなときにも、いちごに含まれるアントシアニンがプラスに働きかけてくれるのです。

犬にいちごを与える際の注意点について

犬の体にとっても、いちごは嬉しい栄養素を含んでいることがわかります。美味しく食べながら健康面をサポートしてくれる果物ともいえるでしょう。その一方で、犬にいちごを与える際にはいくつか注意点もあるので以下をご覧ください。注意点を守ったうえで、愛犬に与えるようにしてください。

適量を守って与えすぎには注意を

まず、与える量に気を付けましょう。いちごだけでなくどの食べ物においても当てはまることですが、与えすぎは体にとって悪影響となります。いちごに関しても適量を守り、与えすぎないようにしましょう。

小型犬であれば一粒、中型犬で2粒、大型犬で3粒程度が目安となっています。多く与えるとカロリーオーバーになって肥満を招いたり、水溶性食物繊維ペクチンによってお腹が緩くなってしまう恐れがあります。

その他、美味しくてジューシーないちごの味を覚えることで、ドッグフードをあまり食べない、いちごばかり欲しがるといった偏食を招く場合もあるため注意が必要です。

事前にいちごのへたは取ってあげよう

私たちが食べるときもそうですが、犬に与える際にもいちごのへたを取ってあげましょう。食べると危険なものではありませんが、固くて食べにくいことからいちごの食感が損なわれる可能性があります。

いちごを用意するときは、きれいに洗ってへたを取ってから、食べやすくカットしておくと良いでしょう。

アレルギー症状が起きないかもよく見ておこう

犬によっては、食べ物に反応してアレルギー症状が現れることがあります。そこで、いちごを与えるときにも、体調に異変がないか、しばらく様子を見るようにしましょう。はじめのうちは、少量ずつ与えると安心です。体をかゆがったり、嘔吐してしまうなどの症状が見られたら、アレルギーを起こしているかもしれません。

速やかに動物病院へ行き、診察を受けるようにしましょう。

いちごの加工食品は与えないように

いちごは、生で食べる以外に、加工食品も多くあります。いちごミルクやいちご味のアイスクリーム、お菓子など様々な食べ物に使用されています。

しかし、犬にいちごを与えるときはこのような加工食品は与えないようにしましょう。添加物や牛乳、砂糖などが含まれているものが多く、犬の体には悪影響となります。体の調子が悪くなる場合もあるため、いちごの加工食品は与えないようにしてください。

愛犬が病気を抱えている場合は獣医師に相談してから与えるように

犬によっては、病気を抱えている場合もあります。うっかりいちごを食べることで、悪影響が出てしまう恐れもあるため、病気を抱えている犬に与える際には細心の注意が必要です。飼い主さんの判断で与えるのではなく、獣医師に相談したうえで与えるようにしましょう。基本的に、犬は総合栄養食といわれるドッグフードで必要な栄養を補うことができます。その他のものは、無理に食べる必要はありません。特に、犬が病気を患っているときには、与えるものについてはより慎重にならなければなりません。いちごを与えても良いかわからないというときは、かかりつけの動物病院で相談をしてから決めてみましょう。

いちごは犬も食べられる果物。与えすぎなどの注意点に気を付けて適量を用意しよう

基本的にはドッグフードで栄養が補える犬ですが、果物のいちごも食べることができます。いちごから嬉しい効果が期待できるのも事実です。その一方で、与える際の注意点については飼い主さんがよく理解しておくことが大切です。

与えすぎにならないよう量を加減する、アレルギーを起こしていないか確認をする、愛犬が病気を抱えているときは獣医師に相談するなど、注意点を理解し、安全を確認したうえでいちごを与えるようにしましょう。

おすすめ