コラム 暮らし

犬も温泉であったまる?効果や注意点について解説

気温が下がり寒くなってくると、あったかい温泉に浸かりたい、そう感じるようになります。心身の疲れをほぐし、気分をリセットすることもできるでしょう。私たちにとって魅力的な温泉ですが、犬も入ることはできるのでしょうか?今回は、犬と温泉との関係について見ていきます。どんな効果が期待できるのか、また自宅で温泉気分を楽しめる方法もご紹介します。

犬は温泉に入れる?期待できる効果とは

犬は温泉に入ることができるのでしょうか?また、どんな効果が期待できるのかも見てみましょう。

犬も温泉に入ることができる

結論から述べると、犬も温泉に入ることができます。人間と同じように、ゆっくり温泉に浸かることでリラックスできるともいわれています。自宅で温泉気分を満喫したり、犬と人とが一緒に入れる温泉などを利用することが可能です。

温泉から期待できる効果とは?

あったかいお湯に浸かって犬もリラックスできるという温泉、他にもどんな効果が期待できるのか調べてみました。

・疲労回復

リラックス作用があるのと同時に、温泉は犬の体に溜まっている疲れを取り除いてくれます。体が温まることで血行が良くなり、体内に溜まっている老廃物を排出することもできるとされています。ここから、疲れをやわらげることができるのです。

活発に走り回るのが好きな犬、筋肉の疲労も回復できるので、ますます元気になることでしょう。

・皮膚トラブルの改善

温泉には、殺菌作用もあります。ここから、犬の皮膚トラブル改善にもつながります。温泉の成分でみると、高アルカリ泉となっているものが皮膚トラブルの改善におすすめです。無理なく汚れを取り除き、皮膚を清潔にしてくれます。

皮膚トラブルを抱えがちというときは、ぜひ温泉に浸からせてあげましょう。

・関節痛もやわらげてくれる

犬は、関節の病気を発症することがあります。足が痛くて歩けなくなるなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。そんなときも、温泉の成分がしっかりと体に働きかけてくれるのです。

ラジウム温泉などは関節の炎症をやわらげ、鎮静作用が期待できます。

快適に温泉に入るためのポイント

温泉は、犬の体にもプラスに作用してくれることがわかります。そこで次に、快適かつ安全に温泉に入るためのポイントについても確認しておきましょう。

温度と時間に気を付けよう

人と犬とでは、心地よいと感じる温度が異なります。犬の場合は36~38度くらいとぬるめが適温となるので、温泉に入りにいくときや自宅で用意する際には温度に気を付けましょう。

また、温泉に浸かる時間は15分程度が理想的です。あまり長く浸かっていると、皮膚に必要な油分を落としてしまうことになるからです。犬の様子を見ながら、入り始めた時間もチェックするようにしましょう。

温泉から上がったらしっかり乾かしてあげよう

温泉から上がった後も、ケアが必要です。濡れてしまった毛を、ドライヤーを使って丁寧に乾かしてあげましょう。このとき、毛の根元部分までしっかり乾かすのがポイントです。毛が湿ったままだと体が冷えてしまい、逆効果となってしまいます。

やけどに注意しながら、時間をかけて毛を乾かしてあげましょう。

自宅でも手軽に温泉気分を楽しんでみよう

最近では、ペットと一緒に入れる温泉も増えてきました。でも、なかなか遠出できないという人も多いでしょう。そこで、家にいながら温泉気分を楽しんでみましょう。犬自身もリフレッシュでき、楽しんでくれるはずです。

シャンプーのときに温泉も用意してみる

愛犬のシャンプーをするときに、一緒に温泉も用意しておくと体を温めることができます。シャンプーで体をきれいに流した後、愛犬が入れるほどの容器にお湯をためておきましょう。温度は先述した通り、36~38度程度のぬるま湯に設定します。

そこに、犬も使える温泉成分が入った入浴剤を入れてみましょう。湯量に対しての目安量が商品ごとに記載されているので、きちんと守ったうえで適量をお湯の中に入れます。お湯全体を混ぜたら、温泉の完成です。

入り始めの時間を確認し、時折温度もチェックしながら、愛犬の体を浸けてあげましょう。このとき飼い主さんも足湯などの準備をしておくと、一緒に温泉気分を楽しむことができます。

犬が使用できる温泉成分入り入浴剤

水道から出るお湯だけでは、温泉としての効能を得るのは難しいです。そんなとき手軽に使えて便利なのが、温泉成分入りの入浴剤です。おすすめの入浴剤をいくつかご紹介するので、自宅で温泉を楽しむ際に活用してみてください。

・アニマー湯プラス

別府温泉の成分を配合した入浴剤です。天然の温泉成分が含まれているので、皮膚トラブルの改善におすすめです。有害な化学成分は一切配合していない安全性の高い入浴剤という点から、獣医師にも高く評価されています。愛犬に入浴剤を使用するのが初めてという人にも、安心でしょう。

・王様工房 王様の休息温泉21

メタケイ酸含有温泉水に、ローズオイル、ヒノキチオール、甘草エキスなどを配合した、人もペットも使用できる入浴剤です。ヒノキの香りに癒されながら、皮膚トラブルやアレルギーの改善を図ることができます。

入浴剤としてだけでなく、シャンプー後のリンスとしても使用できるので、1本用意しておくといろいろなシーンで活用できます。シャンプー後のリンスとして使うと、ノミやダニを防ぎ、健康的な被毛を保つことができるのでおすすめです。安心できる成分のみを配合した入浴剤なので、自宅で温泉気分を満喫したいときに使ってみましょう。

犬にとっても温泉は嬉しい効果がある!
飼い主さんも温泉気分を楽しんでみよう

温泉は、私たち人間だけでなく犬にとっても嬉しい効果が期待できます。日々の疲れをほぐしたり、皮膚のトラブルを改善するなど、体を健康に保つことができます。自宅で使用できる温泉成分入りの入浴剤もあるので、愛犬のために温泉を用意してみましょう。ときには、飼い主さんも一緒に温泉気分を満喫してみてください。

おすすめ