コラム 暮らし

犬のおすすめキャリーバックを一挙公開!サイズや材質、選ぶ時に注意することとは

犬のおすすめキャリーバックを一挙公開!サイズや材質、選ぶ時に注意することとは

愛犬と移動する際、利用する乗り物や施設などによりキャリーバッグが必要となります。しかし、キャリーバッグと調べると、様々なタイプの商品が数多くあることもわかります。今回は、犬用キャリーバッグを選ぶ際の注意点から、おすすめ商品をご紹介しましょう。キャリーバッグの購入を検討している飼い主さんは、ぜひご覧ください。

犬用キャリーバッグを選ぶときの注意点

犬用キャリーバッグを選ぶときは、いくつか注意すべき点があります。その注意点を理解した上で選ぶと、愛犬にとって快適なキャリーバッグを見つけることができるでしょう。以下の点に配慮しながら、キャリーバッグを選んでみましょう。

キャリーバッグの種類を理解しよう

キャリーバッグには、実は様々な種類があります。利用するシーンや目的に合わせて使い分けることで、より快適に使用が可能です。選び方を抑える前に、キャリーバッグの種類を確認しておきましょう。

ペットカート・・・犬のベビーカーのようにも見えるタイプの商品で、多頭飼いの人や長距離の移動が必要になるときに便利です。交通機関によっては利用も可能で、スリングでは重たくなってしまう中型犬や大型犬の移動時にも活用できます。

スリング・・・両手を空けた状態で犬を抱っこでき、コンパクトに持ち運びが可能です。汚れたときは丸洗いできるものもあり、近場や人混みのなかを行くときなどにも使いやすいのが特徴です。ただし、適している犬種は小型犬や小さめの中型犬までとなります。

トートバッグ・・・一見するとトートバッグにしか見えないタイプのキャリーバッグもあります。体が軽い小型犬と移動する際に便利で、乗り物の中などで目立ちにくいというメリットもあります。

クレート・・・ソフトタイプとハードタイプとがあるクレートは、新幹線や飛行機などを利用したいときや車での移動の際に便利なキャリーバッグの一つです。旅先でもハウスとして活用できるため、家から離れた場所で過ごす際にも活用できます。

サイズや材質にも注目

愛犬のためにキャリーバッグを選ぶとき、サイズや材質にも注目しましょう。

移動時間に合わせて選んでみよう

愛犬とどれぐらいの時間一緒に移動するかに合わせて、キャリーバッグを選ぶことも大事です。例えば、以下のように移動時間に合わせてどんなキャリーバッグが良いか考えてみてください。

30分~1時間程度の外出なら・・・布製のソフトなキャリーバッグがおすすめ。軽いので持ち運びしやすく、管理しやすいのもポイントです。

2、3時間程度の外出なら・・・長時間の移動になるので、ハードタイプのキャリーバッグがおすすめ。安定感があり、汚れたときのお手入れのしやすさ、外からの衝撃といった点においても安心です。

犬におすすめのキャリーバッグ3選!

犬のキャリーバック

いろいろなタイプのキャリーバッグがあるなか、今回は口コミが良く、多くの人が満足している商品を厳選してご紹介します。商品ごとの特徴を抑えながら、キャリーバッグを選んでみましょう。

3ポケット ペットキャリーバック

丈夫なデニム生地を使ったキャリーバッグで、メッシュ生地を一部採用していることから通気性にも優れています。飛び出し防止ベルトもついているため、犬が飛び出したときにも事故や怪我を予防することが可能です。

肩掛けとして、またショルダーバッグとしても使うことができ、ショルダーのベルトは取り外しもできます。底板は安定感があり、ペットシートが敷けるようにもなっていることから衛生面においても安心です。使っていないときはコンパクトに折りたたんで収納でき、旅行時などはハウスとしても使用することができます。外側にはたくさんポケットがついており、ペットボトルや小物などを収納することも可能です。カラーバリエーションやデザインが豊富にあり、SサイズとMサイズとがあります。小型犬に適したキャリーバッグです。

ペットカート サンルック

小型犬から中型犬に適しているこちらのキャリーバッグは、キャスターがついたカートタイプとなっています。2ウェイ仕様となっているため、キャスターから外せばトートバッグのような形で持つこともできるバッグです。耐荷重は20㎏、ハンドルもついているので安心して移動ができるでしょう。

シンプルなカラーが4色発売されており、ちょっとしたお出かけから長距離の移動まで幅広いシーンで活用できます。バッグは撥水加工が施されているので、小雨程度であれば問題ありません。また、二重構造になっている内側にはメッシュ生地が使用されているため、通気性も抜群となっています。飛び出し防止のリードがつき、自在に方向転換ができるよう作られているのも特徴です。

ペットケージアトラス50

犬におすすめのキャリーバッグのなかには、中型犬から大型犬までが安心して使用できる商品もあります。こちらのキャリーバッグは軽くて丈夫なつくりになっており、航空輸送基準をクリアした、信頼できる商品となっているのが魅力です。

シンプルでありながら機能性にこだわっており、ドリンクカップや蓋の開閉がしやすいようにもなっています。適応体重は30㎏までとなっていますが、小型犬や小動物用のサイズも展開されており、ペットの体に合わせて購入することが可能です。大型犬の移動に使い勝手の良いキャリーバッグがないか探している人に、こちらの商品はおすすめです。

タイプや価格、機能性など様々な観点から愛犬に適したキャリーバッグを見つけよう

犬用のキャリーバッグというと、様々な種類があり、商品によって備わっている機能も異なります。どのようなタイプがあるのかを理解し、どんなシーンで使うことが多いかを考えながらキャリーバッグを絞ってみましょう。その上で、細かい機能にも注目していくとより納得のいくキャリーバッグを見つけることができるはずです。キャリーバッグの購入を検討している人は、一つひとつじっくりと比較しながら愛犬が快適に使用できる商品を選んでみてください。

おすすめ