コラム 暮らし

【犬用ゲージのおすすめ】サイズや用途別にご紹介

【犬用ゲージのおすすめ】サイズや用途別にご紹介

室内で愛犬が休む場所、愛犬だけの落ち着ける場所としてゲージは必要なアイテムです。サイズや用途がゲージによって異なり、自宅の状況や愛犬の様子に応じて適したものを選ぶ必要があります。今回は、犬用ゲージについて、サイズや用途別におすすめ商品をご紹介しましょう。新しい家族を迎えるとき、古くなったゲージを買い替えるときなどに参考にしてみてください。

ゲージとサークルの違いについて

犬用ゲージをみていると、サークルという言葉も同時に出てくることがあり、両者の違いがわかりにくいと感じるときがあります。そこで、大まかにゲージとサークルの違いについてまとめておきましょう。

・屋根がついていたらゲージ、屋根がなかったらサークル

・ゲージは常に置いておく愛犬のハウス、サークルは遊ばせたりするための簡易スペース

この2点を抑えながら商品をチェックしていくと、愛犬に合うゲージを見つけられるでしょう。

犬用ゲージ サイズ別おすすめ商品

犬用ゲージは、小型犬から大型犬までの体に合うように商品によってサイズが様々です。ここでは、小さめのものから広めのものまで、おすすめ犬用ゲージを見てみましょう。

小型犬にぴったり!横の長さが100~120㎝のゲージ

・Add.Mate ヴィラフォート 2ルームパピーサークル

ペティオからは広めのゲージがいくつか販売されていますが、小型犬や子犬の飼育に適しているのがこちらのゲージです。トイレトレーニングができるよう、トイレエリアと住居スペースが分かれています。セカンドドアからトイレだけ取り出すこともでき、日々の掃除も簡単です。ロックパーツ付きで愛犬が飛び出すのも予防できます。

中型犬にぴったり!横の長さが120㎝~のゲージ

・アイリスオーヤマ ゲージ

アイリスオーヤマからもシンプルで中型犬に適したゲージがあります。トイレ用のトレーや屋根がついており、ブラウンとホワイトというインテリアに馴染みやすいカラー展開となっています。

屋根部分は大きく開くため、ご飯の準備やトイレ掃除などもしやすいです。愛犬が出入りするためのドアはスライド式になっており、省スペースであっても快適に使用できます。底面はプラスチック製なので、水洗いもでき清潔に保つことができます。

ゲージには、大型犬用と書いてある商品であってもサイズが小さめのものが多いです。寝るときやお留守番のときだけに使うなどシーンを限定しておくと、大型犬もストレスを溜めずに過ごせるでしょう。できるだけ横幅と高さがあるゲージを選び、愛犬が楽に過ごせる空間を作るようにすることが大切です。

トイレトレーニングにおすすめのゲージ

犬用ゲージのおすすめ

ゲージのなかには、しつけをスムーズに進めるためのアイデアが詰まっているものもあります。今回は、子犬におすすめのトイレトレーニングもできるゲージをご紹介します。

アイリスオーヤマ お掃除楽ちんサークル

サークルという名がついていますが、上部にきちんと蓋がついているのでゲージとして活用できます。小型犬に適したゲージで、底面部分のトレーが引き出せるので掃除やお手入れが手軽にできます。

前面のドアは全開にもなるため、ゲージの隅々まで掃除するのも快適です。さらにゲージにはキャスターがついているので、ゲージの下を掃除したいときにも移動が簡単です。上部についている蓋(屋根)は取り外しても使用ができ、用途に合わせて利用できます。自由に移動ができる仕切りのおかげで、トイレトレーニングにも最適です。

折りたたみ可能で便利なゲージ

ゲージのなかには、折りたたみが可能なタイプもあります。使用していないときはたたんでコンパクトになるので、限られたスペースが犬を飼っている場合にも便利です。

ペットゲージ 木製

小型犬から中型犬に適しているこちらのゲージは、木製で温かみのあるデザインが特徴的です。大きく開くドアがついているため、愛犬が出入りしやすくなっています。ロックを解除するだけでなく引いて持ち上げる必要があるため、うっかり愛犬が飛び出してしまうのも予防できます。

底面にはトレイが設置してあり、汚れたときはトレイだけ取り外して掃除することもでき使い勝手抜群です。上部についている木製の天板は通気性にもこだわっており、ロックを外すことで簡単に開閉が可能です。使用していないときは天板を外して折りたたむことができ、必要なときにのみ設置するのも簡単です。

プチリュバン スリードア 折りたたみ式 ペットケージ

サイズ展開が豊富にあるこちらのゲージは、収納や移動の際に便利な折りたたみタイプで工具の必要もありません。組み立てた状態のゲージを持ち上げやすいよう、3ヵ所にハンドルがついているのもポイントです。

引き出し式のプラスチックトレーのおかげで、日々の掃除がしやすく、ゲージの中に愛犬がいる状態のままペットシーツの交換などもできます。飛び出し防止ロックの機能もついているため、愛犬がうっかりゲージの中から飛び出てくることもありません。犬が中から開けにくいロックが設置されており、留守番時などにも安心して使用できるでしょう。上部、側面2ヵ所の合計3ヵ所から犬が出入りできるつくりにもなっているので、日ごろから活用しやすくなっています。丈夫な塗装によって傷つきにくく長持ちするのも、嬉しい点です。

犬用ゲージはサイズも種類も豊富!愛犬のサイズや用途などに合わせて選んでみよう

犬用ゲージは、サークルと似ており、一般的には上部に蓋がきちんとついているものをゲージと呼びます。しつけや留守番のときなどに活用でき、限られたスペースに置けるゲージも増えています。

愛犬に合ったサイズを確認し、その他の細かい機能にも注目しながら選んでみましょう。愛犬の年齢や使う目的などを考え商品を絞っていくと、長く愛用できるゲージを見つけることができます。安全性や使いやすさにも注意しながら商品を絞り、愛犬が安心して過ごせる空間を作ってあげましょう。

おすすめ