コラム 暮らし

犬に効果のあるアロマオイルとは?使用上の注意点も解説

部屋中に豊かな香りを広げてくれてリラックスできるアロマオイル、日常をより快適に過ごすためのアイデアの一つともいえるでしょう。様々な種類の香りがあり、アロマの関連商品も可愛らしくておしゃれなものが登場しています。では、室内で犬を飼っている場合、好きな香りのアロマオイルを自由に楽しんでも良いのでしょうか?今回は、犬とアロマオイルとの関係について考えてみましょう。

犬にアロマオイルはOK?どんな効果が期待できる?

ペットとアロマオイルの関係を見てみると、犬には基本的に使用することができるとされています。猫は植物に含まれる成分を体の中でうまく分解できないのでおすすめできませんが、犬については基本的に大丈夫といわれています。

犬と一緒にアロマオイルを楽しむことができるわけですが、使用量は香りの種類については注意が必要です。犬とアロマオイルを楽しむための注意点については、後ほど詳しく解説しましょう。

まずは、アロマオイルからどんな効果が期待できるのか確認しておきましょう。

~アロマオイルから期待できる効果~

  • 問題行動を軽減
  • 苦手なことを良い方向に結びつけることができる
  • 臭い対策ができる
  • より実力が発揮できるようになる
  • 防虫対策

犬を飼っているとき、無駄吠えや失禁などで困ってしまうことがあります。このような問題行動を軽減してくれるのがアロマオイルで、心身ともに落ち着かせてストレスをやわらげる働きがあります。その結果、状態落ち着き、問題行動が減ってくるのです。

犬にとっても苦手なものがあるなか、良いことがあったときに嗅がせたアロマオイルの香りを活用することで苦手を良い方向に変えていくことができます。車酔いしてしまう、病院を嫌うといったとき、楽しかったときに嗅いだアロマオイルを嗅がせてみましょう。これは、しつけや訓練においても大きな効果を発揮すると言われています。

その他、犬と暮らしているなかで気になる臭いの対策ができたり、リラックスして集中力を高められるという点から犬自身が実力を発揮しやすくなるという点も挙げられます。ダニや蚊などはアロマオイルの香りを嫌う傾向にあるので、防虫対策にもなるでしょう。

このように、アロマオイルは犬と人とが快適に暮らすためのアイテムともいえるのです。

犬におすすめのアロマオイル

犬と一緒に素敵な香りを楽しめると、お互いに心地よい時間を過ごすことができます。そこで、犬におすすめのアロマオイルをチェックして、日常生活に取り入れてみましょう。アロマオイルってたくさん種類があってどれが良いかわからないというときにも、参考にしてみてください。

  • オレンジスイート・・・爽やかな柑橘系の香りで、犬に元気を与えることができる。食欲がないときや便秘気味のときにもおすすめ。犬のにおいを軽減する作用もあり、室内で犬と過ごす際にも快適に。
  • ラベンダー・・・リラックス効果、抗菌作用が期待できる。犬の心を落ち着かせて、虫刺されや皮膚炎を解消する働きも。
  • ローズ・・・体調不良やストレスを感じているときにおすすめのアロマオイル。

アロマオイルを使用するうえでの注意点

アロマオイルを犬と一緒に楽しむ際は、安全に快適に使用するようにしたいです。そこで、アロマオイルを使用するうえでの注意点についても理解しておきましょう。

使用量に気を付けよう

まずは、アロマオイルの使用量に注意が必要です。水に数滴垂らす場合、小物に直接オイルをつける場合など、状況に応じて使い過ぎにならないようにしましょう。その空間に入った瞬間にすぐわかるような強烈な香りはおすすめできません。

アロマオイルの香りがほのかにする、それくらいの量が犬にとっても安心でしょう。アロマディフューザーなどで紹介されている分量の半分か4分の1くらいを目安に使うようにすると、香りが強すぎないので犬にとっても心地が良いはずです。

刺激の強い精油は選ばないように

続いて、刺激が強いとされているアロマオイルについてははじめから選ばないということも大事です。また、私たち人間にとっても持病がある人などには危険とされているアロマオイルが存在します。以下のアロマオイルは使用を避けるようにしましょう。お店に並んでいることも少ない、マイナーな種類にはなりますが、いくつか知っておくことで危険を回避することができます。

  • オレガノ
  • ウィンターグリーン
  • クローブ
  • カンファー
  • ウォームシード
  • マスタード
  • タイム
  • ヤロー
  • ワームウッド

アロマオイルは犬の手の届かないところで保管を

アロマオイルは犬にとっても嬉しい効果が期待できる反面、危険とされることもあるので細心の注意を払いながら使用することが大切です。そこで、使用量やオイルの種類に注目しながら、精油が入った瓶を犬の手の届かないところに保管することも忘れないようにしましょう。

うっかり手の届く場所に置いていることで、瓶を倒してしまったり中身が出てきてしまったりといったトラブルが起こりやすいです。飲み物かと思い、瓶から出てきたオイルをなめてしまっても危険なので、保管する場所を考えたうえで利用するようにしましょう。

アロマの種類を理解すること、犬にとって逆効果となってしまうことや一大事にならないよう、飼い主が責任を持って管理することが重要です。犬にとっても安心できるオイルである場合にも、保管する場所には注意しましょう。

アロマオイルは人と犬とに嬉しい効果が。注意点も理解したうえで利用しよう

アロマオイルは、人や犬に嬉しい効果が期待できるものでもあります。それと同時に危険なことや注意点があるのも事実なので、両方の面について把握し、アロマオイルを上手に活用してみましょう。

愛犬の心身が落ち着いてくる、香りで気持ちが豊かになるなど、アロマオイルの効果を感じられるよう、使い方にも工夫してみてください。

おすすめ