コラム メモリアル

大切な愛犬のためのお墓の選び方について解説

愛犬と毎日を過ごしているなかで、犬も人間も少しずつ年を取っていきます。一般的には犬の方が寿命が短いとされており、愛犬の最期をしっかり見送るのも飼い主の役目といえるでしょう。ペットも人間と同じように葬儀や火葬を行ない、お墓に眠らせてあげることができます。そこで今回は、大切な愛犬のためにお墓の選び方について考えてみましょう。

ペットのお墓、まずは種類を知っておこう

愛犬のためにお墓のことも考えておこう・・・となったとき、まずはお墓に種類があることを知っておく必要があります。主に以下の方法があり、霊園までの行きやすさ、料金面、自宅の状況などによってぴったりなお墓が異なってくるのも事実です。

  • ペット専用の霊園でお墓を作る、納骨する
  • 人間とペットが一緒に入れる霊園でお墓を作る
  • 自宅にお墓を作る

霊園の多くが今ではペットのお墓や納骨にも対応しており、私たち人間のお墓も同じ場所に構えるということが可能になりました。霊園の中で区画が分けられ、ペットと人間とを整理してあるところもあります。また、ペット専用の霊園なら、家にお骨を置いていなくても、多くのペットたちが眠っているので愛犬も寂しくないでしょう。そして、いつまでもそばにいてほしい、自分たちで見送ってあげたいと考えるときは、自宅にお墓を作る方法もあります。

愛犬のことを想い、どんなお墓が良いのかじっくり考えてみましょう。

愛犬のお墓、選び方のポイントとは

愛犬がいつまでも安らかに眠れるよう、お墓の在り方も考えていきたいという飼い主が増えた今、お墓の選び方についても知っておくことが大切です。納得のいく形で愛犬のお墓を用意できるよう、選び方を押さえておきましょう。

予算

ペット専用の霊園か人間と共同の霊園か、自宅で埋葬してお墓を作るか・・・どれを選ぶかによってかかる予算が変わってきます。霊園でお墓を作ったり納骨をする場合、相談しているうちに高い金額が発生してしまうこともあるのです。

予算の相場はいくらくらいなのか、家から行きやすい霊園にはどんなプランがあるのかなどと細かく調べてみましょう。

家からの通いやすさ

霊園でお墓を作る場合、定期的にお参りに行きたいと思う人も多いはずです。そこで、いつでも気軽に愛犬に会いに行けるか、家からの通いやすさも確認しておきましょう。最寄り駅から歩いていくというよりは、車で霊園までアクセスする方が便利という立地が多くなっているので、自家用車の有無によっても通いやすさは異なってきます。

車を持っていない、駅から結構歩くとなると、お墓参りに行くのが難しくなってしまいます。いつでも気軽に足を運べる、そんな場所にある霊園を選んでおくのがおすすめです。その点、自宅の庭に埋葬したり、遺骨を自宅で管理している場合は、いつでも愛犬に会うことができるというメリットがあります。

霊園でお墓を作る場合、閉演時間などを確認しておこう

霊園で愛犬のお墓を作りたいときは、霊園が開いている時間についても確認しておく必要があります。夕方何時に閉まるのか、平日や休日では開園や閉園の時間帯が異なるのかなどを調べておくことで、普段からのお墓参りの行きやすさが変わってきます。霊園の情報を確認する際、閉園時間についても調べておきましょう。

ペットと人間、同じお墓にしたいときの方法とは?

ペットと人間を同じお墓にしたいとき、その種類がいくつかあるのでご紹介しましょう。

一般墓

お墓と聞いて思い浮かべることの多い墓石を指し、納骨できるスペースに愛犬の遺骨も一緒に納骨することが可能です。先祖代々の家族が眠っている場所に、愛犬も一緒に眠らせてあげることができます。すでにお墓がある場合は新しく作る必要がなく、予算もそれほどかからないのが特徴です。今までと同じようなタイミングでお墓参りに訪れることができ、そこに愛犬も眠っているんだと思いながらお参りできるでしょう。

樹木葬

近年、注目を集めているお墓の一つに樹木葬があります。墓標が樹木になっており、人間の遺骨を土の中に埋めるというものです。ここに、ペットの遺骨も一緒に埋めることができます。

樹木葬は木が大きく成長していく様子や緑に癒され、お墓参りの際には気持ちが落ち着くことでしょう。樹木の種類によっては花が咲くこともあり、土の中に眠っている人やペットを表しているかのように感じられます。より自然に近い状態で眠らせてあげたい、いつでも気軽に会いに行けるところが良い、そう考える人にとっても樹木葬はぴったりでしょう。

納骨堂

納骨堂は、屋内で遺骨を整理・管理してくれる場所のことを指します。仏壇のようなタイプやロッカー型になっているものなど形も様々で、人間とペットとを同じ場所に入れることが可能です。

家族がお参りする際には大切な人とペットの両方に会うことができ、また霊園などが納骨堂の管理をしてくれるので、しばらく行けていないときでも安心です。管理のしやすさという点から、納骨堂に遺骨を入れる人も増えています。

宗教上やペットに対して嫌悪感を抱いている人などがいることから、一般の霊園では人間とペットとが同じお墓に入るというのは敬遠されがちです。そんななか、ペットとの関係性や家族の思いなどを考えたうえで、人とペットが一緒に入れるお墓も登場しています。どんな方法が自分たち家族にとってベストなのか、みんなで話し合ってみましょう。

大切な愛犬のことを想い、お墓も慎重に選んでみよう

ペットは、今や私たちにとっては欠かせない存在となっています。屋内で飼われているペットが多く、人間と同じように日々を過ごしているなかで、家族として確かな存在感があります。

そんな大切な家族を安心して見送れるよう、お墓の種類や選び方についても事前に調べておきましょう。どんなお墓が良いのか、人と一緒に納骨したいか、自宅から通いやすいかなどを考えながら、納得のいく場所で愛犬をいつまでも近くで感じられるようにすると良いです。一人ひとりのライフスタイルに合った、気軽に会いに行けるようなお墓を考えてみましょう。

おすすめ