コラム 食事

犬種別「トイプードル」におすすめのご飯をご紹介!

小型犬として大人気のトイプードル、ぬいぐるみのような可愛らしさで私たちを癒してくれます。愛くるしい目元、ふわふわと柔らかい毛、ペットショップでも注目の的となる人気の犬種です。そんなトイプードルについて、今回は食事について考えていきます。トイプードルを飼っている飼い主のなかでは、食事に悩んでいる人も少なくないと言われているんです。喜んで食べてくれるようなおすすめご飯を知り、さっそく愛犬に与えてみましょう。

トイプードルってどんな犬?

超小型犬に分類されるトイプードル、原産国はフランスで、体重は3、4㎏ほどのとても可愛らしい犬です。独特のカールが特徴で、体高は30㎝弱と小ぶりになっています。好奇心旺盛、運動能力に優れており、プードルの種類のなかでも賢いと言われているのもポイントです。

人にも慣れやすく、飼いやすい犬種として、初めて犬を飼う人にとってもおすすめの犬種となっています。

トイプードルのご飯、気を付けたいポイントとは?

飼いやすく申し分のないトイプードル、実際に飼っている人のなかには食事に関するちょっとした悩みを抱えている人もいるといいます。愛犬に合う食事を見つけるため、以下のポイントに注意しながら改善していってみましょう。

正しい食事量をチェックしよう

市販のドッグフードには、体重や犬種、年齢によってどれぐらいの量がベストか記載されています。商品に記載されている体重については理想の体重であるため、与えすぎには注意が必要です。

その他、BSC(ボディコンディションスコア)で肥満度を確認したり、動物病院での健康診断などの際に愛犬の体重や肥満度の有無などを知ることができます。

理想の食事回数や与える際のポイント

トイプードルの食事を考えるとき、1日の食事回数や与える際に気を付けるべきことに注目していくと、より理想的な食事を用意できます。世代別にポイントをまとめてみたので、愛犬の年齢に合わせて参考にしてみてください。

・子犬期

生後5、6ヵ月ごろというのは、トイプードルの体が大きく成長するときです。小さな体のトイプードルは、一度にたくさんのご飯を食べることができません。そのため、子犬期の頃は1日に4、5回食事を与えるようにしましょう。食事と食事の間隔を空けすぎないようにするのも大切です。

5、6ヵ月を過ぎてくると、1日に2、3回の食事が理想的です。ドッグフードなどのパッケージに記載されている通りの量を目安に、回数を分けてみましょう。

・成犬期

成長が落ち着いてきたなと感じたら、ご飯を成犬用のものに変えましょう。食事の回数は、子犬期後半の頃と同じく、1日2、3回が目安です。避妊や去勢手術を受けるトイプードルが多い時期でもあるため、専用のフードに変えたり、与えすぎには注意が必要です。こまめに体重をチェックしながら、食事の量や内容にも目を向けてみましょう。

・老犬期

成犬期と同じように1日2、3回の食事で良いですが、食べる量が少なくなってきたら、回数を増やして少しずつ与えてみましょう。必要とするカロリーが少なくなるため、フードの見直しや与える量にも気を付けていきたいです。

愛犬の体の様子を日々観察しながら、気になることがあれば獣医師に相談するようにしましょう。

トイプードルにおすすめの市販ドッグフード

トイプードルは、成長の段階に応じて、また個々によって異なる体調や体重に合わせて食事を与えることが大切です。利用しやすいドッグフードを与えている人が多いなか、正直膨大な量の商品があってどれがトイプードルに合うのかわからないと感じている人もいるでしょう。そこでここでは、トイプードルにおすすめの市販ドッグフードをご紹介します。

モグワン

多くの飼い主によって選ばれているモグワンは、新鮮なチキンやサーモンを使用したドッグフードです。栄養バランスの取れたフードで、関節をサポートする成分や腸内環境を整える成分も配合されています。手作り食の延長のような、出来立ての優しい味わいがトイプードルたちに人気です。

野菜や果物もバランスよく含まれており、高たんぱくすぎないという点で室内犬であるトイプードルにぴったりとなっています。

UMAKA

好き嫌いが激しいトイプードルにおすすめなのが、こちらのUMAKAです。九州産の華味鳥を100%使用しており、自然由来のものだけで作られているドッグフードです。かつお節の香りを感じながら食べることができるので、食いつきがよくなるトイプードルも多いと言われています。

小麦グルテンや化学合成物質なども含まれていないので、毎日の食事として安心して与えられるでしょう。

さっそく作れる簡単レシピもご紹介!

トイプードルにおすすめの市販ドッグフードもたくさんあるなか、ときには手作りご飯を与えたい、そう考える飼い主もいるでしょう。そこで、簡単に作れて栄養満点なレシピをご紹介します。

犬用 白身魚と野菜のスープ

さっぱりとした風味のなか、白身魚のだしもしっかり感じられる、食べやすくて美味しいご飯です。

~材料~

  • 白身魚
  • ささみ
  • 白菜
  • にんじん

~作り方~

  1. 野菜は一口サイズにカットする
  2. 白身魚、ささみ、野菜を鍋で茹でていく
  3. 全部に火がとおったら、白身魚とささみを食べやすいようほぐして完成

工程がシンプルで、お鍋一つあればあっという間に完成するご飯です。加える野菜の種類を工夫してみると、味にバリエーションも出るでしょう。魚とささみ両方のだしがよく利いて、素材の美味しさを堪能できるご飯です。トイプードルの食欲がないときや好き嫌いをしているとき、飼い主の時間があるときなどに作ってみてください。

トイプードルの体を知って、美味しく健康的なご飯を用意しよう

小型犬の代表的存在でもあるトイプードル、体重や年齢に合わせて適切な食事をとることが大切です。食べムラが出る子もおり、食事に関する悩みを抱えている飼い主もいるとのことで、ドッグフードの見直しや手作りご飯のレシピなども参考にしてみましょう。毎日美味しそうに食べてくれる姿を見られるよう、工夫してみてください。

おすすめ