コラム 食事

犬にドライフルーツを与えても大丈夫?種類によっては要注意!

犬にドライフルーツを与えても大丈夫?種類によっては要注意!

犬を飼っている人の多くは、これって食べさせても大丈夫かな?と不安を感じることがあるでしょう。人とは違い、犬にとって体に良くない食べ物があるのも事実です。そのようななか、今回は犬にドライフルーツを与えることができるのかについて解説していきます。種類によって食べられるものと食べられないものとがあるので、一緒に確認していきましょう。

犬にドライフルーツは与えても大丈夫?

果物を乾燥させて作るドライフルーツは、水分が取り除かれ、ミネラルや食物繊維といった栄養分は残ったままになっています。栄養豊富なドライフルーツは、犬にとっては糖質の摂りすぎになってしまうことがあるため注意が必要です。ときには、下痢や嘔吐といった症状がみられる場合もあります。

ドライフルーツに関しては注意点こそあるものの、果物の種類や添加物に気を付けることで与えてもOKな食品となっているのも事実です。愛犬にドライフルーツを与えてみたいと考えるときは、果物の種類などに注目し選ぶようにしましょう。

犬にドライフルーツを与える際の注意点

ドライフルーツは、犬に与えることができます。その一方で、与える際の注意点もあるので、いくつか確認しておきましょう。

フルーツアレルギーに要注意

犬にとって大丈夫とされるフルーツの種類であっても、体調や体質によりアレルギーを起こしてしまうことがあります。フルーツごとにアレルギーのリスクがあるか考え、愛犬にとって安心して与えられるか考えてみましょう。

添加物の有無も確認しておこう

市販のドライフルーツを用意するとき、パッケージに書かれている成分表示を確認するようにしましょう。フルーツの種類だけが記載されている分には問題ありませんが、商品のなかには添加物が含まれたものもあります。砂糖や着色料、保存料などを使用しているドライフルーツも多いので、愛犬に与える際は慎重に成分表示をチェックしてみてください。犬用として販売されているドライフルーツなら安心ですが、そうでない場合は一つずつ確認したうえで与えられるかどうかを判断することが大切です。

高温で加工されたものを避ける

ドライフルーツのなかには、高温加工されたものもあります。高温で加工されることにより、生の状態よりも栄養価が大きく低下してしまいます。熱に弱い栄養素に関しては、加工される過程で消滅してしまいます。

調理法にもこだわり、高温で加工されたドライフルーツに関しては避けると安心です。栄養素が少ない一方、砂糖や着色料などの添加物が含まれていることもあるので気を付けましょう。

犬に与えることができるドライフルーツ一覧

ドライフルーツは、種類を上手に選ぶことで愛犬に与えることができます。どのような種類のドライフルーツを与えることができるのか知り、愛犬のおやつタイムに用意してみましょう。

バナナ

食感と風味を楽しめるバナナのドライフルーツは、犬も食べることができます。栄養価に優れているバナナは、抗酸化作用や動脈硬化予防、血圧を下げる作用・・・などの点において嬉しい効果が期待できます。

このバナナは、与えすぎに気を付けましょう。犬が欲しがるからと与えていると、肥満になってしまう可能性があるのです。一度に与える量に注意しながら、適量を与えてみてください。

マンゴー

南国フルーツであるマンゴーも、犬に与えることができるドライフルーツの一種です。水分量・栄養がともに豊富で、甘さと香りが特徴的です。糖分が多いドライフルーツであるため、与えすぎには注意しましょう。小さくカットして少量を与えるようにすると、食べすぎにならずに済みます。

パイナップル

マンゴーに続き、パイナップルも犬に与えることができます。ビタミンやクエン酸が豊富で、体の免疫力を高めたりお通じの改善も期待できるフルーツです。ドライフルーツにすると糖分が凝縮されるため、与える量は加減する必要があります。

リンゴ

リンゴは、犬も安心して食べられるフルーツです。また、糖分がやや低めのフルーツということで、気軽に愛犬に与えることができます。犬自身は、リンゴの食感と風味を満喫しながら食べてくれることでしょう。

抗酸化作用に優れたフルーツでもあるため、健康のために適量を与えるのがおすすめです。

犬にとってNGなドライフルーツ一覧

犬にドライフルーツを与えても大丈夫か

犬にとっては、体に危険を伴うドライフルーツもあるので注意しましょう。以下を参考に、ドライフルーツ選びを慎重に行なってみてください。

プルーン

プルーンには中毒の原因となる物質が、葉や茎の部分に含まれています。たいていドライフルーツになっているプルーンに葉などはありませんが、基本与えないようにすると安心です。

また、プルーンの果肉部分にはカリウムが豊富に含まれています。カリウムの過剰摂取により高カリウム血症を招く恐れがあるので、注意が必要です。

レーズン

果物のなかでも、ブドウやレーズンはとても危険とされています。食べることで急性腎不全を引き起こす可能性があるため、ドライフルーツの中にレーズンが混じっていないか確認を怠らないようにしましょう

イチジク

ドライフルーツのなかには、イチジクもあります。イチジクには下痢などを引き起こすソラレンや、強い整腸作用をもつフィシンといった成分が含まれています。体調不良を引き起こすリスクが高い果物であるため、ドライフルーツの中にイチジクが含まれていたら取り除いてあげてください。

種類や注意点を踏まえ、愛犬にドライフルーツを与えよう

愛犬にドライフルーツを与えるときは、種類や注意点を踏まえて、正しく与えることが大切です。犬にとって危険な果物もあり、添加物の有無もしっかり確認したうえで、与えるようにしてください。どんなフルーツであってもアレルギー症状を引き起こす恐れはあるので、初めて与えるときは体の様子をよく見ておくことも必要です。安全かつ美味しくドライフードが食べられるよう、飼い主さんが正しく知識を得て対応するようにしましょう。

おすすめ