コラム 食事

犬に唐辛子をあげると危険!与えてはいけない理由とは

私たちが普段口にする食材のなかには、犬も食べられるものがいろいろとあります。手作り食に挑戦する際などには、犬に与えても良い食材と与えてはいけない食材に気を付けながら準備をすることでしょう。そんななか、刺激物の一つである唐辛子を与えるのも危険なので避けましょう。では、唐辛子は犬の体にどのような影響を与えるのでしょうか?

犬に唐辛子はNG!その理由とは

強い辛みが特徴的な唐辛子、私たちの食事の中に含まれていることも多いです。しかし、犬が口にしないよう細心の注意を払わないといけません。犬にとって、唐辛子は与えてはいけない食材の一つだからです。では、なぜ唐辛子を与えてはいけないのでしょうか?理由を正しく知り、愛犬の口に入らないようにしましょう。

カプサイシンにより体に負担がかかる

唐辛子といえば、カプサイシンという成分が有名です。辛みのもととなる成分ですが、犬にとっては刺激の強いものになります。そのため、犬が食べると消化器官に負担をかけてしまうことになるのです。

ただ負担がかかるだけでなく、胃腸炎などの症状を引き起こす恐れもあるので注意が必要です。

感覚が麻痺してしまうこともある

刺激物である唐辛子を食べてしまったとき、感覚が麻痺してしまうこともあります。胃腸炎以外の病気を引き起こすリスクもあるため、唐辛子は与えない方が良いです。

嘔吐や下痢を起こすこともある

犬が唐辛子を食べた場合、嘔吐や下痢といった症状がみられるときもあります。胃腸が刺激を受け、下痢や嘔吐、食欲不振などに陥る恐れがあります。下痢のときは脱水症状を起こしてしまっている可能性もあるので、できるだけ早く動物病院で診てもらうようにしましょう。

人と犬とでは味覚が違う

辛いものが大好きな人も多いですが、これは味覚が発達していることで認識できます。一方、犬はそれほど味覚が発達しているわけではないので、辛さというものを感じ取ることができません。辛いという感覚を理解することが難しいのです。

犬が唐辛子を食べてしまったときの対処法

刺激物である唐辛子、犬には与えない方が良い食材です。しかし、日々の生活のなかで、うっかり愛犬が食べてしまったといった事態も起こりえます。そこで、万が一唐辛子を食べてしまったときの対処法について確認しておきましょう。

まずはしっかりと水分補給を

唐辛子を食べることにより、下痢を引き起こす場合があります。下痢は脱水症状の原因にもなるので、まずはしっかりと水分補給を行なうようにしましょう。日ごろからこまめに水分を摂取しておくことは大切ですが、唐辛子を食べてしまったときは特に意識して水を飲ませるようにしてみてください。

その一方で、水の飲みすぎによって嘔吐を起こす場合もあるので注意が必要です。

下痢や嘔吐以外にどんな症状が現れているかも確認を

下痢や嘔吐以外に、くしゃみや咳、目の充血、よだれがたくさん出るなどの症状がみられた場合にもよく様子を見てあげましょう。唐辛子を食べたことにより、体が反応している恐れがあります。いつもと違う様子だと感じたら、症状をみながら動物病院に行くようにしましょう。

様子を見ながらできるだけ早く動物病院へ

犬が唐辛子を口にしてしまったとき、様子を見つつ動物病院に行く準備も始めましょう。急に体調が変化する恐れもあるため、できるだけ早く診てもらうようにしたいです。また、すぐに病院へ連れていけない場合は、電話で詳しく伝えておくという方法もあります。

犬がうっかり食べてしまわないよう、対策も心がけよう

犬が唐辛子を食べてしまわないよう、日ごろから予防していくことも大切です。大きなトラブルにならないよう、対策も心がけていきたいです。そこで、以下のような方法を取り入れてみましょう。

犬がキッチンに入らないようにする

誤飲や誤食を防ぐためにまず注目したいのが、犬がキッチンに入らないよう対策を取ることです。ゲートを設置するなどしてキッチンに入れないようにしておくと、飼い主さんが留守の間も安心でしょう。自宅のキッチンのつくりなどから、どのような対策が理想的か考えてみてください。

犬の手の届かないところで管理する

唐辛子をはじめ、犬に与えない方が良いとされる食材はいくつかあります。それらをキッチンの目につくところや手の届く場所に置いていると、犬は食べてしまう恐れがあります。そこで、犬の手の届かない場所で保管するようにしましょう。高いところに置いておく、蓋が開けられない場所に保管しておくなどの対策を取り、愛犬が危険なものを食べてしまわないようにしましょう。

食糞や噛み癖対策にスプレーを使用するのも気を付けよう

愛犬の食糞や噛み癖で悩んでいる飼い主さんも少なくありません。何か良い方法がないか、いろいろと調べている人もいるでしょう。食糞や噛み癖対策の一つとして、唐辛子の成分が入ったスプレーを吹き付けるというものがあります。犬が唐辛子の匂いを嫌がることで効果が期待できるという仕組みです。

しかし、唐辛子が含まれているということはやはり刺激物です。犬にとっては危険なものの一つに当たるため、しつけやトラブルのときの対処法として使うのもおすすめできません。食糞や噛み癖の根本的な原因を考え、刺激物など危険なものを使わずにできる対策を取ってみましょう。

犬に唐辛子はNG!
うっかり食べてしまわないよう日ごろから対策を

犬に、刺激物である唐辛子を与えるのは危険です。人の食事に含まれていることも多いので、犬が間違って食べてしまわないよう注意しなければなりません。届かない場所に置く、キッチンのなかでの収納方法を検討するなどして、愛犬が食べてしまわないようにしましょう。 そして、万が一食べてしまった場合、体調をよくみながら動物病院へ行き、診察を受けるようにしてください。症状が悪化する前に診てもらうことで、体調も徐々に落ち着いてくるでしょう。人と犬とは味覚が異なり、刺激物は犬にとっては危険であるという点を忘れずに、日々の生活で気を付けてみてください。

おすすめ