コラム メモリアル

意外と知らない!犬の火葬場の選び方

犬を飼っている人が多い今、いつしか愛犬とお別れしなければならない日が来ることも知っておかなければなりません。喪失感や寂しさによって何からすべきかわからないと途方に暮れてしまうこともあるでしょう。今、ペットとして飼われている犬も、人間と同じように火葬場で遺骨となるケースが多いです。その火葬場には種類があり、愛犬とその家族にとって最善の方法を見つけておきたいです。今回は犬の火葬場についてどんな種類があるのか、またどのように選べば良いのか考えてみましょう。

犬の火葬場、まずは種類を知っておこう

愛犬が亡くなったら、火葬場に行く必要があります。火葬場と一言にいっても種類があり、愛犬と家族にとって一番良い方法で火葬することが望ましいです。火葬にどのような種類があるのか、その特徴についても知っておきましょう。

合同火葬

他のペットたちと一緒に火葬するのが、合同火葬です。霊園側に一任する形になるので、火葬の立ち合いやお骨を拾うことはできません。遺骨もまとめて処理されてしまうため、自宅に持ち帰ることができないのもポイントです。

料金が比較的安価ですべてを任せられるというメリットがあるのが、合同火葬です。

個別火葬(一任)

合同火葬とは異なり、個別で行なう火葬です。愛犬の火葬を単独で行なう方法になり、すべてを業者に一任する形になります。火葬時の立会いやお骨を拾うことなどは、合同火葬と同様できません。一方、遺骨を引き取ることは可能となっています。

個別火葬(立ち合い)

個別火葬には、立ち合いが可能なものもあります。単独で火葬を行ない、火葬時に家族が立ち会うことができます。葬儀の時間を作ることができ、最期のお別れを心ゆくまで行なうことができるのが特徴です。

火葬に立ち会うだけでなくお骨拾いもできるので、愛犬を最後までしっかり見送りたいと考える家族にとっては満足してもらえる方法でしょう。

訪問火葬

これまで紹介してきた火葬の種類は、霊園や火葬場などで犬の火葬をしてもらう方法です。その他に訪問火葬というものもあり、移動火葬車が自宅のまで来てくれて、火葬をしてくれるというサービスになります。自宅以外に、近隣住民に迷惑にならないような場所で火葬してもらうことも可能です。煙や臭いを気にすることなく火葬できる設備が車の中に整っており、時間帯も都合に合わせて対応してもらえるところが多いです。思い出の詰まった場所で最後まで過ごさせてあげたいという、飼い主の意向に添えられる形の火葬方法となっています。

犬の火葬場の選び方

ここまで犬の火葬についてどのような種類があるのか見てきましたが、ここでは、もしものときどのように選べば良いのかという点について解説していきましょう。

火葬場まで行きやすいかどうか

犬をはじめとしたペットの火葬を行なっている火葬場は、駅から離れたところに位置している場合が多いです。そこで、火葬場まで行きやすいかどうかを考えてみましょう。自家用車がある人は無理なく行くことができますが、持っていない人は業者に引き取りに来てもらう必要があります。

火葬場の場所と引き取りに来てもらえるかどうかもきちんと確認しておきましょう。

葬儀をしてもらいたいか、火葬だけで良いか

私たち人間の場合は、葬儀を行なったあと火葬場へ行きます。一方、ペットの場合は葬儀を行なうかどうか、それともすぐに火葬へ移るか選ぶことが可能です。愛犬のために葬儀を行ないたいと考えるときは、葬儀に対応している火葬場を探してみましょう。

お寺や霊園では、葬儀をしてくれるところが多いです。

すぐに納骨するか、遺骨をいったん引き取るか

愛犬の火葬が無事に済んだら、お骨をどうするかを決める必要があります。納骨堂や供養塔が併設されている火葬場なら、火葬後そのまま納骨してもらうことが可能です。まだ近くで愛犬を感じていたい、一度家に連れて帰ってあげたいというときは、遺骨を引き取ることができる火葬場を選ぶと安心です。

火葬場を見学させてもらう

ペットの火葬場は、全国にたくさんあります。上記の点に注意しながら選んでいくなかで、もっと詳しいことを知りたい、信頼できる火葬場かどうか見極めたいと考える人も多いでしょう。そんなときは、火葬場の見学をさせてもらうと安心です。実際に火葬場へ足を運び、どのような設備が整っているのか、どんな流れで火葬や納骨などをしてもらえるのかを尋ねておきましょう。

実際に火葬場を利用した人の意見を聞く

ペットを飼っている人が増えている今、ペットの火葬に関わってきた人も多いでしょう。もし身近に利用した人がいたら、その人に話を聞くことでより参考になります。どんな点がよかったか、火葬後の納骨やお参りはどうしているかなど詳しく確認しておくと、より安心して火葬場を絞っていくことができるでしょう。

火葬の方法によって料金が異なることも理解しておこう

犬などペットの火葬は、合同火葬や個別火葬、訪問火葬などと種類があります。それに伴って料金も異なってくるので、その点についても理解しておく必要があります。ペットの大きさによって料金が異なり、さらに火葬の方法によって細かく料金が分けられているというのが特徴です。葬儀の有無や納骨堂への安置などによっても料金が変わってくるため、良さげな火葬場があったら料金についても調べておくと、より安心して任せることができるでしょう。

犬の最後をきちんと見送るため、家族も満足のいく火葬場を見つけよう

犬の火葬は、どこでどのように行なうかを選ぶことができます。火葬にはどんな種類があるのか、火葬場ごとにどのような設備が整っているのか、また選び方のポイントについても詳しく知っておくことで、もしものときにも落ち着いて対応できるでしょう。

愛犬を最後まで責任をもって見送ることができるよう、飼い主ができる最善を尽くしていきたいです。家族みんなが満足のいく形で、愛犬を見送ってあげましょう。

おすすめ