コラム 健康

犬の健康診断の費用ってどのくらいかかるのか!?頻度や内容についても解説

犬の健康診断

健康診断というと、私たち人間は年に一度は受けましょうと言われることが多いです。年齢を重ねるなかで発症リスクが高まる病気の早期発見にもつながります。そんななか、最近では犬の健康診断についても重要師されるようになりました。では、なぜ犬にも健康診断が必要なのでしょうか?気になる費用や頻度、内容などについて見ていきましょう。

犬にとって健康診断が必要な理由

犬の成長はとても早いです。1年に何歳も年を取る犬は、人よりも早く老化します。近年においては長生きする犬も多くなり、老犬になることで介護が必要となるケースもあります。老化が早い犬は、病気にかかったときの進行も早いです。そのため、気づいたときには手遅れだったといったようなことも起こり得るのです。

このような背景から、犬も健康診断が必要といわれるようになりました。定期的に健康診断を受けておくことで、病気の予防や早期発見が可能となるのです。

犬の健康診断は、1歳からが目安となっています。一年で大きく成長する犬の体において、発症するリスクのある病気もいろいろとあります。そのため、1歳を過ぎたころから健康診断を受けておくと安心なのです。

犬の健康診断をうける頻度について

犬の健康診断は、1歳を過ぎたころから受けるようにしたいです。そして、頻度においては、年に一度は受けるようにしましょう。一年で大きく年を重ねる犬は、最低年に一度は受けるようにし、可能であれば年に2、3回受けることが望ましいです。

事前にいつぐらいの時期に健康診断を受けるか予定を立てておくと、行かずに終わってしまったということなく、愛犬の健康管理ができるでしょう。安心感を得るため、犬の健康診断は年に2~3回と考えておくと良いです。

犬の健康診断、費用やその内容は?

犬の健康診断を受けることができるのは、動物病院です。かかりつけの動物病院にも、健康診断について相談してみると良いでしょう。ここでは、健康診断にかかる費用やその内容について見ていきます。

犬の健康診断に必要な費用

犬の健康診断は、愛犬を病気から守るために飼い主が受けさせたいものといえます。そんななか、費用っていくらぐらいかかるんだろうと疑問に感じている飼い主さんもいることと思います。どんな健康診断を受けるかという内容によって費用が変わってくるため、今回は目安をご紹介しましょう。

一番シンプルな健康診断であれば5,000円~、数種類の検査をしっかり受ける場合は20,000円~程度と思っておくと良いです。愛犬の健康を確認し安心するためには、基本的な検査を一通り受けておくと良いでしょう。その場合の費用感は、15,000円程度となっています。

そして、かかりつけの動物病院でどのような健康診断を実施しているか確認することも大切です。その内容にによって費用が異なるため、事前に健康診断について詳細を尋ねておくと安心です。

犬の健康診断の検査内容・方法について

犬の健康診断は、検査方法も様々です。そこで、ここでは代表的な検査方法についてご紹介します。

  • 触診・視診・聴診・・・獣医師により、目で見る、直接触れる、また聴診器を使って心音などを確認します。
  • 尿検査・・・犬のおしっこを調べて、腎臓や肝臓などに異常がないか調べます。
  • 糞便検査・・・犬の便を調べて、寄生虫やウイルスに感染していないか、大腸に異常がないかなどを確認します。あらかじめ便の一部を持っていく方法や、病院にて採便棒を使って便を取る方法があります。
  • 血液検査・・・採決をし、血液の成分を分析します。血液検査には種類があり、血液一般検査や血液化学検査などが挙げられます。血液を調べて、肝臓や腎臓、膵臓などに異常がないかを確認します。
  • 猫のウイルス検査・・・猫同士で感染する猫エイズなどの病気に感染していないかを、血液で調べることができます。

その他にも、超音波検査やレントゲン検査、心電図、アレルギー検査などがあり、多くの動物病院では一度にいくつかの検査ができる、人間ドックならぬドッグドックといった健康診断を実施しています。動物病院によって実施している健康診断の内容が異なることもあるため、事前に確認しおきましょう。

健康診断を受ける際の注意点やポイント

犬の健康診断

愛犬の健康を維持するため、年に2、3回の健康診断を受けるようにしたいです。その際、いくつかの注意点やポイントもあるので、念頭に置いておきましょう。

事前に予約と確認を

犬の健康診断は、動物病院にて予約をし、当日に検査を受けに行くという流れが一般的です。事前に電話にて健康診断の内容や費用を聞き、その上で都合の良い日に予約することができます。

予約や確認の電話を行なうとき、尿や便を用意していく必要があるのか、食事は済ませても良いのかなどを確認しておくことも大切です。検査の内容によって準備するものや注意点があるため、細かい部分を確認したうえで健康診断を受けましょう。

日々の健康チェックも大切

犬の健康診断では、私たちにとって気づくことのできない病気が発見されるきっかけにもなります。病気の種類によっては、体調の変化に気づかないこともあるでしょう。

そんななか、定期的に健康診断を受けつつ、日々の愛犬の健康チェックも欠かさないことが大事です。ちょっとしたしぐさやご飯の量、排泄の様子などにおいて異変が現れていることもあります。細かい部分にも注意しながら、愛犬の体に不調が起きていないか意識するようにしましょう。

犬にも健康診断は必要です!費用や内容、注意点などを抑え定期的に受けよう

健康診断は、犬にとっても必要なものです。自身で体調を訴えることができないからこそ、飼い主さんが定期的に健康診断に連れていき、健康管理を行ないたいです。検査の内容は病院によって異なり、費用も変わってきます。

愛犬が1歳を過ぎたら、かかりつけの動物病院に行って、健康診断について尋ねてみましょう。健康診断を受けると同時に、日々の健康チェックも欠かさず行なってみてください。

おすすめ