未分類

【トリマー監修】マルチーズの飼い方・しつけ・特徴について

くるんとした瞳に柔らかそうな毛が特徴的なマルチーズ、おっとりとした雰囲気でのんびり散歩をしている様子を見ることもあります。一方、活発な一面もあり、飼い主さんと過ごす時間をとても楽しみにしています。そんなマルチーズについて、特徴や性格、飼い方やしつけなどについて詳しく見ていきましょう。

マルチーズってどんな犬?

毛の長さによって表情が変わって見えるマルチーズ、一体どんな犬なのでしょうか?特徴と性格について見ていきましょう。

特徴

マルチーズは、体高が25㎝程度、体重が3㎏程度の小型犬です。垂れ耳で、毛に少しウェーブがかかっているのが特徴で、ふんわり柔らかくなっています。見た目からして、毛の柔らかさが伝わってくるほどです。

毛色はホワイトのみとなっており、真っ白な子から少し茶色がかった子など、色味が少し異なるのも特徴です。また、成長していく段階で、毛色が少し変わってくるといったこともある犬種です。

マルチーズはふわふわな抱き心地から、ヨーロッパの貴婦人の間では抱き犬として愛されてきた歴史もあります。

性格

マルチーズは、のんびりやさんのように見えて、実は明るく活発で遊び好きな犬です。さらには甘えん坊でもあり、飼い主さんといつも一緒にくっついていたいと思っているほどです。

基本的には優しい性格の持ち主で、飼い主さんに従順、のんびりとして過ごす時間も多いです。一方、少々神経質な面も持っているので、慣れない環境や聞きなれない音などには敏感に反応します。

また、つい甘やかすことで、攻撃的になったり無駄吠えをすることもあるので注意が必要です。子犬のうちから根気よくしつけを行ない、甘やかしすぎないようにするのも大切です。

マルチーズの飼い方について

小型犬のなかでも飼いやすいとされているマルチーズ、飼い方のポイントについて見てみましょう。

毛のお手入れは毎日してあげよう

長くてふんわりとした毛が美しいマルチーズ、その美しさを保つため毎日のブラッシングは丁寧に行ないましょう。皮膚を傷つけないよう、1日に1回ブラッシングをしてあげたいです。

また、定期的にシャンプーもしてあげましょう。トリマーさんにカットしてもらうことで、衛生的で生活しやすくなるのもポイントです。テディベアカットやパピーカット、フルコートなどカットスタイルにもバリエーションがあるので、飼い主さんも一緒に楽しむことができるでしょう。

フローリングで滑らないよう、対策を

マルチーズはもともと関節が弱いという特徴を持つ犬なので、家の中のフローリングで転んで怪我をしてしまわないよう対策が必要です。カーペットを敷く、高い場所から飛び降りないようにするなどの対策を取り、怪我や事故にならないようにしましょう。ベッドやソファといった家具にも注意しながら、マルチーズが安全に過ごせる室内環境を整えてみてください。

食事管理も丁寧に

マルチーズは、少食の子が多いです。食欲が出るようなレシピを参考にご飯を作ってみるなどして、体重に合った食事を与えるようにしましょう。粒が小さいフードを選ぶと、飲みこみやすいのでおすすめです。また、関節が弱いので、関節のケアができるドッグフードを選ぶのもおすすめです。おやつの量はほどほどに、食事の量を適量摂れるよう、日々の過ごし方にも気を付けてみましょう。しっかり体を動かせばお腹も空くので、運動量に注目するというのも一つの方法です。

適度な運動、コミュニケーションは充分に

遊び好き、少食を改善という点から、マルチーズを飼う際には毎日適度な運動を心がけるようにしましょう。朝晩の散歩を日課にする、室内でもおもちゃを使って一緒に遊ぶなど、意識して体を動かすようにしてあげたいです。

そのうえで、コミュニケーションもしっかりとるようにしましょう。運動をしながら、一緒に遊びながらスキンシップを取ることで、ストレスを抱えたり寂しい思いをせずに過ごすことができます。休日はちょっと長めに散歩をする、ドッグランや公園に出かけてみるなど、飼い主さんも気分転換できる予定を入れてみてください。

マルチーズ、しつけでのポイントは?

もともと飼いやすいとされているマルチーズですが、小さなうちから丁寧にしつけをしておくことでより快適に過ごせるようになります。マルチーズの性格や特徴を知ったうえで、以下のしつけのポイントをチェックしてみましょう。

ダメなことはきちんと叱る、でも恐怖心は与えないように

しつけでは、ダメなことをしたときにその場で短い言葉で叱ることが大切です。マルチーズを見ているとつい甘やかしたくなってしまいますが、何がいけないかを理解してもらうためにも叱る必要があります。続けていくなかで、マルチーズも良いことと悪いことの分別ができるようになり、飼い主さんにとっても安心して過ごせるようになります。

また、マルチーズは記憶力に優れた犬種です。そのため、怖いと思ったことはずっと覚えています。叱り方や日々のなかで恐怖を感じずに過ごせるよう、飼い主さんが意識してあげましょう。

社会性を身につける

マルチーズは、温厚でありながら神経質な一面も持っています。怖い体験をするとトラウマになってしまい、また他の犬と接するのに臆病になってしまう恐れもあります。そのため、子犬のうちから社会性を身につけられるよう、来客時に挨拶をする練習や散歩しているときに出会った犬とコミュニケーションを図るといったことを意識しておくと、いろいろな場でも落ち着けるようになります。

マルチーズは温厚でとても飼いやすい犬。充実した毎日になるよう、飼い方やしつけについても理解しておこう

マルチーズは、温厚かつ遊びが大好きな犬です。飼い主さんに甘える特徴もあるので、一緒に生活していると毎日が楽しくなるでしょう。そして、より充実した毎日になるよう、飼い方やしつけのポイントも押さえておくと安心です。良き家族の一員となり、様々な場で落ち着いて過ごせるよう、性格を理解し正しくしつけを行なうようにしましょう。

おすすめ