コラム 飼い方

【トリマー監修】ポメラニアンの飼い方・しつけ・特徴について

ふわふわの毛に真ん丸黒目がとにかく可愛いポメラニアン、小型犬で室内で飼うイメージが大きいです。身軽に動くことができ、散歩をしている様子を眺めるだけでも癒される存在です。そんなポメラニアンを飼ってみたいという人のために、ここでは特徴や性格、飼い方やしつけのポイントまでをご紹介します。家族の一員として迎えたいと検討中の人は、ぜひ読んでみてください。

ポメラニアンってどんな性格?特徴は?

ポメラニアンとは、どんな性格の犬なのでしょうか?性格や特徴について知っておくことで、いざ飼い始めたときにもきちんと対応できます。さっそく、ポメラニアンの性格や特徴について見てみましょう。

ポメラニアンの性格

小型犬に分類されるポメラニアンは、活発で遊びが大好きです。好奇心旺盛で明るい性格の持ち主でもあり、飼い主に対する忠誠心もしっかり備えています。甘えん坊な性格でもあるので、室内では飼い主のそばに寄り添ってくれるでしょう。スキンシップしてもらえて嬉しいと表情に出してくれるのも特徴です。

賢い一面も持っているので、しつけがしやすいというのもポイントといえます。その一方で注意深い点もあり、警戒心が強いともいえるので、日々の過ごし方やしつけにて対策を取っていきましょう。

ポメラニアンの特徴

ふわふわとした毛が特徴的なポメラニアンは、小さな耳、黒くて丸い瞳が印象的です。まるでぬいぐるみが動いているような、そんな愛らしさも持っています。ポメラニアンは、サモエドなどを小型化した犬で、体高は20㎝前後、体重は2㎏前後と小さくて可愛らしいです。カラーは10種類以上もあり、どの色のポメラニアンも愛嬌たっぷりとなっています。

ポメラニアンの飼い方について

室内で飼うことができ、一緒の時間を楽しませてくれるポメラニアン、いざ飼うことになった場合どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?ここでは、ポメラニアンの飼い方について詳しく見ていきます。

お出かけしたり、日ごろからたっぷり遊んであげよう

ポメラニアンは活発で遊ぶのが大好きな犬なので、日ごろからたくさん遊んであげましょう。毎日の散歩に加えて、公園で走り回ったり、室内でおもちゃを使って遊んだり、とにかく活発に遊びたいと思っています。

ここから、お出かけ好きの飼い主であれば、ポメラニアンと一緒に休日などを有意義に過ごすことができるでしょう。室内で遊ぶときは、おもちゃを使ったりして相手をしてあげましょう。

ふわふわの毛と歯のお手入れはこまめに

ポメラニアンは、ふわふわのゴージャスな毛が特徴的です。このふわふわな毛を維持するため、週に数回のブラッシングが欠かせません。丁寧にブラッシングをして、もつれや抜け毛を取り除いてあげましょう。

また、歯周病になりやすい犬種でもあるため、日ごろから歯のお手入れにも気を付けたいです。毎日の歯磨きを心がけ、動物病院で定期的に歯の検診を受けておくのもおすすめです。

怪我をしないよう室内の環境を整えよう

室内で飼うことになるポメラニアン、家の中でうっかり怪我をしてしまわないよう環境を整えておきましょう。骨が細いポメラニアンは、高いところから飛び降りたり床で滑るなどして、骨折しやすい傾向にあります。

そのため、高いところには登れないように対策をし、フローリングにはマットを敷いておくと良いでしょう。勢いよくジャンプできるような空間を作らないようにし、未然に怪我を防いであげるようにしてください。

ポメラニアンのしつけのポイントは?

続いて、ポメラニアンのしつけのポイントについてご紹介します。正しくしつけを行なうことで、どこに行っても、またお留守番をさせるさいにも安心です。子犬の頃からしつけを心がけ、信頼関係を築いていきましょう。

叱るより褒めることを心がけよう

ポメラニアンは、飼い主に褒めてもらうことが大好きです。そのため、しつけにおいても叱るより褒めることを心がけましょう。褒めてもらいたいという思いから、こちらの伝えたことを理解してくれるようになります。

どうしても叱らなければならないときは、その瞬間に短い言葉で伝えましょう。これは良くないんだよという注意の言葉を決めておき声かけすることで、より早く理解してもらえます。

無駄吠えはきちんとしつけをしておこう

甲高いポメラニアンの鳴き声は、うっかりすると近所迷惑になってしまいます。そのため、日ごろから無駄吠えしないように教えておくことが大切です。無駄吠えを止めようとすると逆効果になる恐れがあるため、敢えて無視してみましょう。

無駄吠えを止めさせるためには、鳴き声に反応しない、黙って立ち去るといった飼い主の行動も大事です。ちょっとかわいそうかなと思ってしまうこともありますが、ここは愛犬のためと思い乗り切りましょう。

噛み癖をつけないようにしよう

子犬の頃は、どんな犬であっても歯がムズムズして甘噛みをしてしまいます。一方、成犬になっても噛み癖があるとなると、飼い主やその家族、周りの人にも危ないです。犬同士触れ合う機会がある場合にも、うっかり他の犬を噛んでしまう恐れがあります。

そこで、噛み癖をつけないようにすることが大切です。子犬の頃に見られる甘噛みの段階から、しつけを始めるのが良いでしょう。このときに効果的なのが、無駄吠えのしつけ同様無視することです。

ポメラニアンが噛むたびに無視していると、少しずつ噛み癖が落ち着いてきます。

可愛くて飼いやすいポメラニアン、
注意点やしつけのコツを押さえたうえでお世話してみよう

ふわふわで小柄なサイズが可愛らしいポメラニアンは、明るく元気いっぱいな性格の持ち主です。遊ぶのが大好きで、日々の散歩なども楽しめることでしょう。その一方で、日ごろから毛や歯のお手入れ、怪我の予防にも努めてあげるようにしてください。しつけは子犬のうちから心がけ、どんな場所に行っても落ち着いて過ごせるようにしておきましょう。安全かつ快適にポメラニアンとの生活が送れるよう、細かい部分にも注目してみてください。

おすすめ